生誕100年

ポール・アイズピリ展

9/26 - 10/27

Galerie Taménaga Osaka

Open: 10:00 - 19:00   

会期中無休



Introduction

ギャルリーためなが大阪では、1969年の創業当時より半世紀にわたり紹介してまいりました ポール・アイズピリ(1919~2016)の生誕100年を記念し、『生誕100年 ポール・アイズピリ展』を9月26日(木)~ 10月27日(日)まで開催いたします。本展ではアイズピリと当画廊の半世紀にわたる歩みを顧みながら、初期1950年代から晩年2010年代の代表作、約30点を展観いたします。溢れんばかりの豊かな色彩で描く自由闊達な画風は今もなお世界中のコレクターに愛されています。
アイズピリは色彩の画家と云われ、初期1950年代の作品はカラリストの素質を見せながらもメランコリックであり、どこか懐かしさを感じます。1960~‘70年代にかけては徐々に対象物を色でとらえ単純化されてゆき、1980年代に入ると濃密な色彩と単純で力強い形象に満ちた画風を確立します。画家は円熟を迎えても更なる境地を探求します。2000年代に入ると色彩の華やぎはそのままに画面は明るさと軽やかさが増し、もはや何ものにもとらわれない自由な遊び心に満ちた晩年のスタイルを開花させました。 是非この機会に、画風の変遷をたどり、幸福と愛に満ちた作品の数々をお楽しみいただければ幸いです。

ポール・アイズピリ Paul AÏZPIRI (1919-2016)

フランス パリ生まれ。父親はバスク人の血をひく彫刻家でアイズピリを象嵌学校に入学させますが、本人は画家になる夢を捨てきれず、1936年にパリ国立美術学校に再入学します。1943年にパリで初個展を開催してからは、具象画家として実績を積み重ね、1945年にはサロン・ドートンヌの会員となります。1946年にパリの新人画家の登竜門として名高い権威ある青年絵画展で受賞。さらに、1951年にはヴェネチア ビエンナーレでプリ・ナショナル賞を受賞し、フランスの具象画家として、確固たる地位を築き名声を高めました。

作品はパリ国立近代美術館、パリ市立美術館などフランスを代表する美術館をはじめ欧米各地の美術館に所蔵され、日本では山形美術館、ひろしま美術館、西宮大谷記念美術館(兵庫県)、なかた美術館(別称:アイズピリ美術館、広島県尾道市)、ヤマザキマザック美術館(愛知県、名古屋市)など有数の美術館に所蔵、蒐集されています。
また、人々の目を楽しませるパブリックスペースにも作品を収め、ホテル二ューオータニ東京のメインバーの壁面を飾る7部作の油彩『カプリ島シリーズ』、ホテルニューオータニ博多のロビーには全長12メートルの巨大フレスコ画『博多の祭り(博多どんたく)』などが有名です。

Gallery Information