チェン・ジャン・ホン 新作展

10/19 - 11/18

Galerie taménaga Osaka

10/19(金) 作家来廊レセプション       17:00-19:00



Introduction

ギャルリーためなが大阪では2018年10月19日(金)から11月18日(日)まで、『チェン・ジャン・ホン新作展』を開催いたします。大阪で3年ぶり5回目の個展となります本展では、『蓮』、『海』、『山水』 崇高なる自然を題材に、新作約30点を一堂に展観。
東洋と西洋が融合したチェン・ジャン・ホンの新作を是非この機会にご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。

チェン・ジャン・ホン(陳江洪1963年 中国・天津生まれ)

1979年天津の美術学校に入学し、さらに最難関として知られる北京中央美術学院に進学しました。北京中央美術学院からフランスのエコールデボザールに国費留学生として派遣され、1987年にパリに移住。1988年よりエコールデボザールで勉強を深めました。以来、パリにアトリエを構え制作を続けています。1989年には、ポンピドゥーセンター(パリ)にて展覧会を開催し、フランスでの評価を高め、2006年からは当画廊ギャルリーためながにて作品を発表。渡仏以来20年ぶりとなる2007年、母国上海の個展では『17世紀に活躍した中国の巨匠、八大山人(1626-1705中国、清代初期の画家)を彷彿させる確かな技術力を持つ西洋絵画の誕生』と絶賛を浴びます。2009年にはニューヨークのフォーブス美術館にて個展を開催し賞賛されました。定期的に開催するギャルリーためなが 東京、大阪、パリの個展では、フランスはもとより欧米やアジアのコレクターをも魅了し、大成功を収めています。

作品はシャングリ・ラ ホテル(パリ、天津)、IFC上海-国際金融センター(上海)をはじめ、多くのパブリックスペースを飾り、その他、シャンパーニューのラベルデザインに採用されるなど多岐にわたり注目されています。

現在、フランス・パリを拠点に世界各国の展覧会、アートフェアに出品するなど、世界を舞台に活躍中。

Gallery Information